« ジェンダー・アイデンティティー | トップページ | よくすすげ! »

2006年3月14日 (火)

性別って、そもそもなんだ?

私はこれまで、「ジェンダーフリー」という言葉がある、ということ以外は何も知りませんでした。ここ何日かでさまざまなサイトを見てきましたが、そもそもジェンダーとは何なのかについて、おぼろげながら、その姿が見えてきたような気がします。

 「性同一性障害」に関する情報にあたっているときに強く感じたことです。それは「心の性別が最優先である」ということです。身体の外見や染色体による身体的性別は、「心の性別」とは一致しないことがあるどころか、望ましい性別の決定に当たっては、身体的な条件は2次的なものとして心の性別の下位に置かれる傾向があるということになっているようなのです。

 私はこれまで「男の体に生まれたから男だ」と思っていました。付いてたわけです。付いてたから男として届出が行われて戸籍上の性別が確定し、男として社会的に区分されて育ってきたので、今やゆるぎない男としてのアイデンティティーを確立しています。たぶん、私の脳は、「男の心」を持っていたようです。男の体に男の心、性が一致してます。悩んだことは一度もありません。

 これまで心の性別は「身体的に男で生まれてきて、男として育てられれば人は男になる」と漠然としたイメージしか持っていませんでしたが、これはどうやら違うようですね。だって、どんなに男として育ちあがっても、それを演じきれずに違和感を訴えて男の性を否定して性転換、ということが有り得るのだから、「心の性別」は置かれた環境には影響を受けることなく、先天的に持っていた(と私が思うところの)性別を頑なに守り続けようとしているように思われます。

 ひとつわからないことは、「心の性別」=「脳の性別」なのかどうか、という点です。

 脳の性別として、その性質の違いから「男性的」と判断された場合、でも心の性別は女性ってことはあるのかどうか?それがわかんないので先に進めない部分もあります。

 

|

« ジェンダー・アイデンティティー | トップページ | よくすすげ! »

コメント

こんばんは。

読みはじめたら簡単に終わってしまった。拍子抜けですよ~。

投稿: テレマルカー | 2006年3月14日 (火) 17:52

続きがね、まだ闇の中なんだよ。
男と区別されて、男の環境に区分されて
男友達と行動をともにしてきても変わらない
心の性別ってなにぃ?

これ、不思議すぎ!

考えてたら訳わかんなくなっちゃってさ、
でも、最初から結論持ってて話を進めてるわけじゃなくて、
考えながら書いてるから、書き始めからは、自分の考えが
相当変わってきたよ。

それより、トラックバックつけてきたKochouって人の
サイトに行って見て!

オレ、自分の小ささを実感したね。

投稿: Web Master | 2006年3月15日 (水) 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/1026395

この記事へのトラックバック一覧です: 性別って、そもそもなんだ?:

« ジェンダー・アイデンティティー | トップページ | よくすすげ! »