« 書いたのに消えちゃった | トップページ | 今度は本流 »

2006年5月27日 (土)

渓流ルアーって簡単なんですね

平成6年にフライを始めて以来、マイカーティスクリークである裾花川へ通ってきたけど、はっきり言って簡単に釣れちゃった、といういい思いをしたのは数えるほど。ドライを落としさえすれば必ず1尾ずつイワナが掛かるという入れ食い大漁状態は2度ほどしか経験がありません。

で、4月にルアー一式を買い込んで、今月2度ほど行ってきたのですが、これが実に簡単に釣れちゃって、困ってしまうほど。2回とも裾花川はコーヒー牛乳状態で、白馬側の天神川にはじめて入ってみたのですが、2度目なんか、第1投で25cmのイワナが掛かってしまった。フライの苦労に比べて、なんとお手軽なんだ!

ルアーロッダーに共通の悩みといえば、高額なルアー(ミノーの平均金額は1300円くらい)のロストですね。

イワナは水中で重くウネウネと暴れます。

スモールマウスバスなんかを近所の千曲川で釣って見たのですが、岩場の根魚風でなんかねぇ・・・

皆さんもいかが?

ルアー、簡単だよ!!

|

« 書いたのに消えちゃった | トップページ | 今度は本流 »

コメント

ルアーって簡単なんですか?
難しいイメージしか持っていなかったので驚きました。
でもそんなに簡単に釣れちゃったらつまらなくないですか? 私は最近、ほとんど釣りをしないのでよく分からないのですが・・・。でも初心者にはいいかもしれないですね。釣れないより釣れたほうが絶対にいいですもの。

投稿: テレマルカー | 2006年5月29日 (月) 12:49

とりあえず、夢中になれるものに向かって突っ走りましょう。
山にはなかなかお供できないけど、今、家庭環境も変わったし、職場でもなんとなく孤独。
気さくな仲間との山登りに魅力を感じています。

投稿: Web master | 2006年6月 6日 (火) 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/1956336

この記事へのトラックバック一覧です: 渓流ルアーって簡単なんですね:

« 書いたのに消えちゃった | トップページ | 今度は本流 »