« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月27日 (水)

誰も知らないこと

「空き地に、老夫婦が犬小屋と犬を置いてどこかへ行ってしまった。置き去りにされたらしいので、何とかしてほしい」とのTEL。

そりゃ行きますが・・・雨の中、犬のえさをもって、即席で作成したラミネートコートした「飼い主さま」へのメッセージを携えて現場へ。

それはそこにあって、で、缶詰を開けてえさをやっているところへ、親子連れが近寄ってきた。

「この犬、置き去りにされたってTELが入ったんですが、なにか知りませんか?」と尋ねると、「この犬、うちのお隣さんが連れてきたやつですよ。さっきも散歩に行ってました」とのこと。

道路に近いので、車が雨水を跳ね上げて、それが小屋にあたって大きな音を立てている。

飼い主の家へ伺う。

「これこれこういった電話で来てみたんですが、お隣さんから事情を聞きまして、飼い主さんと分かりました。えさあげちゃいました。しかし、車が雨を跳ね上げていくので、かわいそうですから、何か対策を」といったようなことを話した。

途中寄って来た親子も、飼い主も、オレがどんな準備をしてここまできたのかを知らない。

まして上司は、報告も相談もない出来事に興味を持たないどころか、「余計なことはせずに放っておけ」的な姿勢に終始している。

職場での居心地の悪さと、何も知らない市民。

せめて、ここに書くことで自分を慰めてみた。

しかし、オレの仕事は、結局、市民がどこぞで抱え込んできたストレスをぶつけられて、その多くを今度は自分が背負うという、ありえない事態が日常化している部署だと、改めて分かった気がした。

いつまでも男社会で認められたい願望を捨てきれない老人。別のいざこざを野良猫のえさやりに転化して大騒ぎするおばちゃん。よく確かめもしないで焼却炉の水蒸気を、野焼きの煙と思い込んで通報してきて、やたらと強気な親父(それほど強気なら、悪いことしてる原因者に直接言えよって感じ)。

あなたがいえない部分を補っているオレたちを、原因者と同じ目で見るのはおかしかないか?

いつまでもつかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

「村上さんからの招待状」に気をつけろ!

「村上さん」というありがちな名前の人のDOCOMO携帯からPCメールに変な招待状がキターッ!!

まず本文掲載

**********************

こんにちは。
村上さんがあなたを
ソーシャルネットワーキングサイトへ招待しています。

メッセージ:
届いたかな?

下記のURLより村上さんの登録画面をご覧いただけます。

↓こちらから招待者のトップページを見ることができます。
http://all-free.mail-box.ne.jp/

■□■ コミュニティ・エンターテイメント            ■□■
□■□ ソーシャルネットワーキングサイト           □■□

メンバーより招待された方のみで構成されているソーシャルネットワーキングサイトです。

■これまでの友人関係を活性化できる

信頼できる旧知の友人、お知り合いとのお付き合いの活性化を図るさまざまな
ツールをご用意しています。

■「友人の友人」と交流できる

友人同士のネットワークをたどって「友人の友人」との交流が簡単にできます。
そこにはあなたの友人から繋がる信頼できるネットワークが形成されています。
これがソーシャルネットワーキングの特徴です。

■日記の読み書き、これまでご利用の日記の公開ができる

みなさんは日記を公開することによって友人や登録している人々に多くの情報を発信することが可能です。
さらにこれまで使用されていた他の日記・ブログを使うか日記を使うかを選択することができます。

利用、登録料は全て無料です。

http://all-free.mail-box.ne.jp/

それでは、参加を心よりお待ちしております。

*************************

でね、上記のリンクをコピーしてググってみると、「村上さんからの新着メールが届いています」っていうサイトのトップページが・・・

これって、全員に「村上さん」から、MIXIとかからの招待状が来ない寂しい人宛に招待状を送っておいて、登録→データ取得→架空請求・・・みたいな流れになりそうですね。

サイトの左側のボタンにまったくリンクを張ってないのも気になります。

まぁ、いってみる必要はありませんが、最近はそんなつもりじゃないのに「あなたの意思でご登録されてますよね」なんて強く言われちゃうような詐欺が横行しているようです。

直接携帯に請求の電話がかかったことがあって、まぁ、その場はうまく逃れてサイト検索したら、同じ携帯番号が架空請求業者が使う携帯番号一覧に載ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

捨て猫の三毛

市内のトイレに捨てられていた三毛ねこちゃん、なんか中東系の血が入っていそうです。Photo 生後2ヶ月くらいだと思われますが、獣医さんに見てもらったところ、ペルシャかチンチラの血が混じっているね、と言ってました。実に愛らしい子猫です。

捨てないでもらいたいですね、生き物は。

連絡が入り、飼ってくれる人がいるみたい!

よかった。

Photo_1

ちなみに、別の場所で発見された日本のトラネコの子3匹は、すべて里親にもらわれていきました。よかったよかった。

この3枚の写真は、里親募集のために職場で撮影したものです。

なかなかいい感じでしょ!

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 4日 (月)

ジェンダーフリーについて、また話すぞ

 これまであれこれと考えたり本読んだりしてたんだけど、なんとなくジェンダーフリーが見えてきました。

 まず、これね。

 個別具体的な状況を超越した男女共同参画やジェンダーフリーは存在しないということ。なぜか?

 それは「男とか女とかという区別の理想型」を示して、バラつきのある社会のあれやこれやをすっきり区分して社会に組み込むといった交通整理とは違うからです。つまり、現実に直面している人々の顔ぶれを無視して何を語っても説得力がない、という状況で、さらに、人間は「男女の区別」みたいな二分法では全員を区別しきれない状況にあることがハッキリと見えてきているってのも要注意ね。

 まだ、頭の中でハッキリとした自分らしい表現が形成されていないので、なかなかうまく言えないのですが、このところ長期にわたってサボってましたので、なんとか昔のペースに持っていきたいなと思ったものだからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »