« 牧ノ入でスノーボード倶楽部の合宿 | トップページ | H5N1型鳥インフルエンザは本当に安全か? »

2007年2月 1日 (木)

「産む機械」発言を考える

 柳沢厚生労働大臣のいわゆる「産む機械」発言が、近頃急激に支持率を落としている安部内閣に更なる打撃を与えています。
 この「失言騒動」に対する世の中の反応はさまざまです。中でも大多数を占める反応は「閣僚として有り得ないどころか、人間として有り得ない。即刻辞任!」というもの。そりゃ当然です。「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」(asahi.comより引用)との発言だったようだけど、たとえ話としては失敗してます。分かりづらい。可能な限りやさしく理解して「女性がその体の中に、子供をつくる仕組みを生来持って生まれている」というあたりから「装置」、「機械」が出てきたのかな、と言えなくもないけど、「仕組みを持っていること」と、「産むために存在していること」とは違います。機械、装置は、目的のためだけに造り出された意思も命もない道具のことですから。
 そこへの怒りは至極当然です。分かりやすいし、そこにマスコミも乗っかって煽っていますから、「有り得ない失言→閣僚として失格→辞任→安部内閣絶命→事態(一応)収束→みんな忘れる」というコースを辿るのでしょう。

 さてそこで、上記の反応とは別の側面を考えてみましょう。このおっさんの失言は、このおっさんだけに限った特殊な発言なのか、というとそうではありません。「馬鹿だなぁ、思ってても言わなきゃいいのに」と考える人が確実にいます。だったら言わなきゃ分からないだろうと、バレずに何事もなく済んだ、と考える人もいますよね。けど、これって公衆の面前で言わなければ思うことは自由ということになるのでしょうか?
なりませんね。
 いわゆる好き嫌いといった各人の実存の表明と、万人に自由が保障されるべきという認識に基づく社会的な態度表明とは分けて考えるのが大人の振る舞いですが、現代社会の趨勢に反した戦前的、男尊女卑的な認識をぬくぬくと持ち続けていることは、実存の範疇には入りません。それは無知であり、認識の欠如であり、勉強不足です。今回の「ポロっと」から見えてくる高年層男性の女性蔑視を当然とする認識をこそ問題にすべきではないかと思いますね。
 ほぼ100%のニュースでは「失言は問題」、「辞任」、「安部首相にも任命責任」、「野党は補正予算審議拒否」みたいな表面的報道に終始しています。個人ブログのほとんども、そうした報道をオウム返しするだけの退屈なものです。その中でひとつ毛色の変わった(あくまでも比較として)コメントをしている「50代オヤジの独言」というBlogを見つけました。

<そこからの引用>
"多分言いたい趣旨は「女性は産む機械である」ではないし、そうも言っていないけど、結局その部分だけ切り取られて、「問題だ!」の合唱になるんだろうなあ。正義の味方を自認するマスコミは決して演説や発言の全体趣旨を理解してから報道したりはしないから。例えがあまりに稚拙で驚くし、失言として済まされることはありえないし、かつ少子化の根本原因を見つめていないで表層だけ捉えている発言だけど、まあ柳沢さんは厚生労働大臣というより経済産業大臣にほうが合っているからね。はてさて今後どうなっていくんだろう。格好の餌食になることは間違い無さそう。---゛<引用終了>

 単純化して、国民を上げて盛り上がって、辞任とともに忘れ去られる・・・こんなお祭り体質でいいのかな?まぁ、50代オヤジ氏の言うとおり切り取られた「産む機械」が国民の頭の中で自己増殖して、あらぬ方向へ激走しちゃっていることは間違いないです。意図しない意味づけがどんどんと行なわれて、「だから悪い」と言われても問題の核心にはなんら迫るものではないし、そうして騒ぐ国民一人一人に、自分の発言に意図してなかった意味づけがなされて批判の槍玉に挙げれらることになる可能性があることに、もっと自覚的であってほしいものです。自分の首を、いずれ自分で絞める結果になりかねません。その時になって「いや、私はそういう意図で言ったのではない!」といくら弁明したところで、切り取られて自己増殖しているエイリアンには立ち向かう術なしですな。物事の表面をなでただけで議論が収束していくこんな社会でいいのかな?結局、バカを野放しにしていることに変わりなしなんだけどなぁ・・・

|

« 牧ノ入でスノーボード倶楽部の合宿 | トップページ | H5N1型鳥インフルエンザは本当に安全か? »

コメント

なにか事件が起きたとき、報道されていることのみが全て(正しい)と認識し、HPやブログなどで表面上のことだけををまくし立てている方が大勢います。偉そうなことを言っている割には中身がない。非常に不愉快なので、途中で読むのをやめてしまいます。
日本人の国民性と一言で片付けてしまうのは簡単ですが・・・・・・。
こんなことでこの国の将来は大丈夫なんでしょうか?

投稿: テレマルカー | 2007年2月 5日 (月) 12:50

最近は、若い人たちのほうがメディアリテラシーが高くて、アホな大人たちのバカ丸出しぶりを、見えないところで笑ってると思う。あるいは「そんなバカばかりやってないで、オレ(わたし)のこともっと考えてよ!」と不満を募らせていそう。
せめて身近な仲間のあいだでは、そんな話をしっかりとしておきたいよね。

投稿: 管理人 | 2007年2月 8日 (木) 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/5162577

この記事へのトラックバック一覧です: 「産む機械」発言を考える:

« 牧ノ入でスノーボード倶楽部の合宿 | トップページ | H5N1型鳥インフルエンザは本当に安全か? »