« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

処分されるねこたち

仕事をしなければ生活が成り立たない庶民としては、ねこの処分に関して感傷的な気分になってる余裕がない。

「動物たちのレクイエム」という写真集を、職場の机の上で時々眺める。
この写真集に出てくる犬・猫たちはすでにこの世にいない、と締めくくられる本文を読み返しながら、自分の手で保健所の犬舎へ運んだ子猫たちのことや、外飼いで増えてしまい、近所からの苦情で捕獲しなければならなくなった猫たちのことを思い出す。

世の中は、正しいからといってすぐに行動が伴うわけではない。外来植物が多いのを議会で嘆く議員はいても、実際に現場に出かけて抜き取りをする議員はいないと思うし、ABCの活動に賛同してくれる同僚も、実際の活動にはなかなか出られない。それはオレが猫たちを救えないのと同じなのだと思う。分かっていてもできないことが多すぎて自分を責めてしまう。そして、本当にその責任を感じなければいけない人間たちは、そんなことで悩む人間がいることなど気にもかけない。

猫を救いたいのなら、自分がまず探してみたり、世話をしたりしてもらいたい。
人に預けて、その後のことも知らずに「良いことした自分」に自己満してる人が多くてイヤな気持ちになる。持ってくれば何とかなる世の中じゃないことは、自分が飼い主を探してみればよく分かるはずなんだが・・・

子猫を飼えば、その後の十数年というスパンでのお付き合いになる。それは経済的にも、精神的にも大きな負担となる。得るものも、そりゃ多いけど、たいへんなのだよ、猫を飼うのも。

人間だって弱いんだ。
弱いから動物に頼るんだよ。自分が動物に世話になったら、その恩を忘れちゃいけない。

避妊・去勢手術もしないで猫を外飼いすれば、(猫だけど)鼠算的に増えて周辺を糞尿で汚し続ける。猫で迷惑する人間を増やし、猫を憎む人間を増やす。猫はますます肩身の狭い思いをする。こんな現実も教育の分野で取り上げれば、いつかは少しだけましな世の中になるのではないかと期待するんだけど・・・・・・・

「千曲市ねこ同盟」スタートしました。
けど、何をどうすればいいのか・・・

気持ちのある方、助けてくれるとありがたいです。

Cimg0329 アレチウリの駆除も手伝ってね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

アレチウリ大量に確認しました!

ABC(アレチウリバスターズClub)の第1回駆除活動、予定どおり実施しました。

私を含め2名のメンバーで例の「楽園」に挑みました。

Cimg0885 種から発芽したばかりの「ふたば」状態のものがたくさんありました。発芽時期が一定していないので、中には1m以上に成長して、木に登り始めたものもあってびっくり!
すでに楽園化の予感が・・・ガクガクブルブル

雨の後だったこともあり、非常に抜きやすかったです。
あとは人海戦術ができれば、相当の面積がきれいになると思われます。

Cimg0889 8時前に雨が降り始めたので、時間どおりに切り上げて解散しました。

Cimg0888 丈の大きな草の根元に入り込んで取りづらい状態のものも多く、さすがに侵略性の高い外来生物だな、と感心したりあきれたりでした。
ふたばの次はご覧のようにハート型みたいな葉が次々に出ます。葛とちがって表面は無毛で、黄緑色(葛はキウィのような薄茶の細毛が生えています)。周囲の草や木をつかむためのクルクルしたヒゲが出ています。
Cimg0884

Cimg0890 1時間やって、ひとり一袋でした。
次回はさらに多くの方のご参加を期待しています。

キレイにした河川敷でバーべキュー大会しましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

やっと釣りましたぁ!!

Imgp1538 雨で大増水中の千曲市内某川で、このところ追い続けたイワナをやっと釣り上げました。24cm、うすいオレンジの点が美しい天然の「千曲市イワナ」です。
外見的にはニッコウイワナのように見えます。朱点は体の後ろの下のほうに集中しており、ヒレは完璧、お腹にオレンジ色が入っています。

その後、少し下流でさらに小ぶりのイワナ2匹を追加して、今日釣り上げたイワナは3匹。増水中が幸いし、ストーキングを悟られずに釣りができた結果だと思います。

Imgp1551 こいつらを引きずり出した場所では、この他に3~4匹をかけましたが、足場が悪いうえに腕もよくない残念な状況で、連続バラシ・・・でも、まぁ、雨の中粘った甲斐がありました。釣り場保護のため、すべてリリースしてきました。

6月9日は、千曲市内の河川でイワナが釣れたMy記念日です!

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

アレチウリバスターズClubいよいよ始動!

昨年発足した「ABC」ことアレチウリバスターズClubの2007年度第1回の駆除活動が、この土曜日に開催されます。

効果の上がる活動のイメージが確立されてないので、なかなか説得力のあるお誘い通知が作れないのですが、それでも、昨年に続き、大きな「侵略者」から、わが郷土の千曲川の景観を守るためにあがいてみます。

参加者の負担にならないように、週末の土曜日7:00からスタートして、8:00には解散します。汚れても平気な服装で現場に来ていただくだけで、簡単に参加できる地域ボランティアです。

実際はね、ごみ拾いもそりゃ大事だけど、ごみは死んでるから侵略はしないし、見た目の問題と、そのあとに不法投棄を誘発するという側面を除けば、あとからいくらでもリカバリー可能です。しかし、アレチウリは生きて、成長して、川を下りながら子孫を残すわけで、ひょっとしたら、いや、かなりの確立で千曲川の植物環境が大きく変わってしまう恐れがあります。巨大化して他の在来植物を圧倒してのさばるふてぶてしさには、怒りの鉄拳をかましたろか!って気になります。

千曲川が千曲市のシンボルなら、市民はそのシンボルをどれほど実感をもって知っているかってことが重要なんだよね。
親水公園なんて実は必要なくて、川自体が大きな公園になってるのですよ。
夕方に釣りに来て、ハヤ(ウグイ)の3匹も釣って帰って、夕餉のおかずにする、という生活感のある千曲川であって初めて、「川を大切に」という言葉が市民の心に響くのです。

というわけで日時と場所ですが、

千曲市内千曲川右岸(下流に向かって右)の冠着橋(かむりきばし)と平和橋の中間の河川敷です。堤防道路が堤防下へ下りて、堤防が未舗装になっているあたりで受付をしています。

時間は午前7:00~ 
午前8:00には解散します。
ごみ袋1つ分ほど摘み取ったら終了とします。

お問い合わせはコメント欄へお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

アタリさえなかった・・・

6月2日土曜日の朝から千曲市内の某河川へ。

尺近い大物を4匹確認し、そのすべてにそっぽを向かれちまったぁ!

藪の中ではフライは不利。

けれど何とかしたいのだ。相手はくっきりとした白点に朱点が混じる、細い支流では珍しい大物。しかも泳いでいるのが上から見えるのだ。これは何とかせねば、とあれこれ考えるのも、実はそんなに悪くないのだけれどね。

この次こそは、絶対にドライで引きずりだして、写真押さえてきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »