« それでもイジメはつづく | トップページ | 父の残した本 »

2007年9月24日 (月)

駆除活動その5

第4回と第5回は事前の計画が不十分のため単独の草刈り作業となりました。

Imgp2273 1日目は刈り取り作業のほかに、ラウンドアップ・ピンポイント散布作戦も実施。1リットルのスプレー容器にラウンドアップの希釈液を入れて、他の植物にかからないように注意しながらアレチウリの葉っぱにピンポイントで散布するものです。

 Aさんとの合同引き抜き&草刈りが功を奏したのか、表面的には繁茂しているアレチウリも、近くで見ると本体はまばらで、細いツルが広がって見えるだけでした。

 すでに種がたくさんできており、この時期の刈り取りで種が死ぬのかどうか多少の不安はありますが、これでBBQに突入できるので今回の任務はコンプリーテッドです。

 刈り取りの途中、何度も硬いものに刃があたり大きな衝撃を受けました。これは写真に写っているタイヤやアルミホイール、オイルの空き缶などの不法投棄物でした。他にも千曲市の燃やせるごみ袋(「可燃ごみ」より「燃やしていいごみ」とか「燃やせるごみ」とかの方がいいよね。意味はあまり違わないけど)に入った未分別のごみや、空き缶、空き瓶などがたくさん。作業の邪魔です。

 年末に河川敷の焼き払いを実施する予定とのことですので、燃やす前にそうしたごみ類は回収しないといけません。市民の自主的な発案で、ごみと害虫を千曲川からなくすことができるなんて、すばらしいですね。

|

« それでもイジメはつづく | トップページ | 父の残した本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/8084872

この記事へのトラックバック一覧です: 駆除活動その5:

« それでもイジメはつづく | トップページ | 父の残した本 »