« 缶詰です | トップページ | それでもイジメはつづく »

2007年9月13日 (木)

まだ、缶詰めです

 生活の場を一時的に移すのは別に大きなストレスにはならない体質なのですが、やはり仕事できているので、知識の薄い分野に打ちのめされることがあるのですよ。

 講義1コマ1時間半ですから、そうしたむずかしい話のどこに足場を見つけて切り込むかが勝負です。夜の話はスムーズに進むのに、なぜか時間中の事例研究では「ネタ」としてではない真剣な議論が求められます。慣れない私には実に厳しい話です。

 けれど、今日はナントカ乗り切りました。これからお外で懇親会です。やっと出発前夜にハサミで切り抜いた名刺が登場ですよ。

 千曲市長選挙も大詰めで、怪文書などが飛び交っているようです。対立するのが地元の問題を解決するための最善の方法なのか?対立することそれ自体が自意識の拠りどころになっているのではないのか?そんなことを最近よく考えます。
 イメージ選挙になりがちな田舎の選挙ですが、とうの政策を追求する姿勢が市民に見えないのは問題ではないかと思いますね。年齢や、行政経験の有無や家庭の問題など、直接的な影響のない事柄をことさら言い立てるのは、政策では勝てない陣営がやることでしょう。

 個別具体的なことは市民が知っても知らなくてもいい、という事だってあるかもしれない。けれど、それをこそ訴えていくのが今、候補者に求められる活動だと思うのです。問題は一つや二つではないのだから、表に出てこないことは全然考えてない、なんてことにもなりかねません。よく考えたいですね。

|

« 缶詰です | トップページ | それでもイジメはつづく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/7926697

この記事へのトラックバック一覧です: まだ、缶詰めです:

« 缶詰です | トップページ | それでもイジメはつづく »