« 夏祭り、終了しました | トップページ | アレチウリバスターズClub駆除活動 »

2008年7月31日 (木)

インスターレーションという芸術

 前のエントリーのコメントに書きましたが、インスターレーションとかパフォーマンス・アートという芸術の表現技法があります。初めて聞くという方は、wikiあたりで調べてみてください。ちょっと分かりづらいけど解説されています。

 ボクの中では、インスターレーションもパフォーマンス・アートも、日常慣れ親しんだ「時間」あるいは「空間」を切り取って見せてくれる表現技法という感じですね。自分の生きている生活空間は、地域の共同体構成員に共有された共同体のコードによって埋め尽くされています。それは共同体の構成員にとっては特別なものではなく、あくまでも自明なものであるために意識することなく順応し、疑問に思うことも無い。さまざまな社会関係にも、地域のさまざまな場にも、共同体のコードは張り巡らされており、ネットの普及により地域、地縁から自由になったと言われてはいても、実際のところ多くの価値観が共有され、季節の風や車の音、電車の音、鳥の声、空気の匂い、川の水音、神社のお祭り、ビルのが作る影、学校の校歌など、数え上げればきりがない日常の風景を共通前提として人間は成長してゆきます。

 そんな共有された当たり前のものを、あたかも他人事のようにみることができる装置が、インスターレーションであり、パフォーマンス・アートなのだとボクは考えます。笑ったり、驚いたりして、後でよく考えたら、実は自分を笑ったり、自分に驚いたりしていたことに気づく。自明であった世界が急に不確かなものとなり、これまでの「当たり前」が、特別なものごとであるかのように目の前に立ち現れてくるというわけです。

 自分自身や、自分がやっていることを「他者の目」で見せてくれる芸術、それがインスターレーションでありパフォーマンス・アートであると思うのです。

|

« 夏祭り、終了しました | トップページ | アレチウリバスターズClub駆除活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/22667921

この記事へのトラックバック一覧です: インスターレーションという芸術:

« 夏祭り、終了しました | トップページ | アレチウリバスターズClub駆除活動 »