« 駆除活動やってきました | トップページ | ABC活動やってきました(9月6日) »

2008年8月22日 (金)

ABC活動やってきました

Imgp4274_2 16日土曜日にダメ押ししてきました。

9日に刈ったアレチが枯れて日光が差し、地表の温度が上がったせいで発芽したばかりのフタバがあちこちに!

枯れたツルが草刈機に絡んで使えないので、こんなのを手で抜き取りしました。

まぁ、葛は残っているけど、いい感じに撃退できています。

Imgp4276

隣はボーボーですが、自分の陣地を守ることが大切ですからね、気にしません。

Imgp4279

このごろ思うのですが、河川敷を始め、森林などにはびこってしまったアレチウリの完全駆除はたぶんできません。

ちょっと弱気な発言ですが、現実問題として人が使っている部分だけキレイにして、あとはいい駆除方法が見つかるまで見守るしかないかなと。

 有志が自発的に駆除活動でも始めない限り、減少する可能性はありませんし、市の予算をこれに使うよりも、他の分野で必要な事業がある。

 考えがまとまっているわけではないのですが、そんなふうに最近考えています。

 アレチウリに千曲川の景観が壊されるのがイヤだと思う方は、自発的に駆除活動をやってください。あるいは私に連絡してください。

 市民の多くは多分どーだっていいんですよ。河川敷の景観なんて。今の子供たちにとってはアレチウリのある千曲川の河川敷が「懐かしきふるさとの景色」になるのだし、大勢が自然発生的に駆除活動の有志団体を組織するほどの民度は千曲市にはなさそうですから・・・。

|

« 駆除活動やってきました | トップページ | ABC活動やってきました(9月6日) »

コメント

お疲れ様でした。
arujunaheartさんにしては弱気な発言ですね。
でも当たっていると思います。
言う事は言うけど、実際に活動できるかというと難しいですね。
私は前の職場で市全体を見るまでは、自分の担当が常に一番でした。
でも、前の職場を経験することで、全体が見えたような気がします。
人間を中心に考えれば、今やらなければならない緊急性の高いことがたくさんあります。
それが持続可能な社会の構築に貢献できるかは別の問題です。
人間はわがままですからね。
先週の金曜日に、私も「アレチウリバスターズクラブ」の真似事をしてきました。
仕事ですけど。
短時間でしたが、アレチウリ駆除の難しさを体験してきました。
駆除を真剣に考えたら、私の仕事の時間の半分以上を費やさなければ無理だと感じました。
あの面積で根を上げているのですから、千曲川の駆除を考えれば気が遠くなります。

投稿: テレマルカー | 2008年8月25日 (月) 19:13

県住の西側の巨大な山は「見なかったことに・・・」という感じの恐ろしい現場ですな。
あれはやりたくなくなるね。坂だし、広いし。
最近トップページで「千曲市民の民度」についてあれこれと思いつくままに書いていますが、公共心があって、市民の共有財に対する認識も十分に持っていないと、多分こうした活動へのモチベーションは発生しません。http://arjunaheart.com/mindo/mindo01.html

理想を言うのは簡単です。
現在40~50歳くらいの人間にとっての懐かしい昔を「万人の“ふるさとの原風景”」に仕立てて「取り戻そう!」などと声高に叫んでみても、取り戻せるのは「自分にとっての懐かしい昔」であって、非常に恣意的な話になってしまっている。そしてさらに悪いことには、やっている人間は、自分の恣意性に気づくことも無い。
いくら議会議員などの政治家が「自然環境を守ろう」などと言ったところで、何もしないのだから「口だけ」ってことがばれちゃっています。あいさつしたり、懇親会に出たり、無駄な視察に行ったりしていないで、地元で地域活動をやってほしいものです。
ほんとうにアレチウリの無い千曲川を取り戻したいのなら、「誰の責任か」なんてことを追求する必要なんてないので、現場に出て自分でやってみればいいんです。そこで大勢の手が必要だと分かったら、持ち前の人脈を使って動員したり、市民を説得して駆除活動の必要性を理解してもらえばいいんです。いちいち誰がやらなければならないのか、なんていうすじ論を言う必要はない。
正論ばかりを言う私はバカです。それは分かっているけれど、正論が一笑に付されて受け流されていく千曲市でいいのでしょうか?河川敷の一部のアレチを刈っても意味はありません。そんなことを続けている自分は、つくづくバカだと思いますよ。
やらないで批判したり、講釈たれている自分より、やりながら考える自分でありたいと常々思っているのですよ。
変に物わかりのいい大人になるより、バカなガキでいいやと思っています。
私たちは労働組合に骨を抜かれて、別の意味でバカにさせられてきましたが、この辺でそこから抜け出さないと、この先生き残れないと思うようになりました。

投稿: arjunaheart | 2008年8月25日 (月) 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/23175644

この記事へのトラックバック一覧です: ABC活動やってきました:

« 駆除活動やってきました | トップページ | ABC活動やってきました(9月6日) »