« ABC活動やってきました(9月6日) | トップページ | 報道される政治に疑問が・・・ »

2008年9月21日 (日)

地デジになったわが家のテレビ

いよいよわが家にも地上波デジタルの世界がやってきました。
これまでのUHFアンテナがそのまま使えるところがいいです。フルハイビジョンの46型を購入したのですが、リモコンのボタンを何回か押すだけで自動で電波をスキャンして使えるようになってしまいました。

2011年7月までまだまだ時間があるからと、アナログ放送を見ている人も多いと思いますが、基本的なこととして、現在使っているテレビに音声と画像の入力端子があれば、地デジ・チューナーで受信してアナログ変換した音声と画像を今使っているテレビに送れば、テレビを買い換えなくてもいいわけです。

とはいえ、巨大な画面に映し出されたハイビジョン映像を見てしまうと、元には戻れない気はしますね。90kgもあった前の32型、SonyのVEGAに比べれば、室内のスペースは大きく節約されました。設置も一人でできるほどの重量だし、ここに来てテレビのハードは飛躍的に進歩しています。

Imgp4513

ただ、東京のキー局が増えるわけでもなく、また地方独自の局が増えるわけでもなく、情報の質や広さ深さについては何も変わらないということを考えるに、映画やキレイな環境映像みたいなものを観て時間を潰させて、国民を思考停止に陥れようという意図でもあるのかと心配してしまいます。

今の日本のメディア、特に庶民と密接な繋がりを維持するテレビに関しては、大手資本が独占的に利用して物を売り、その資本に尻尾を振る放送局が偏った情報を垂れ流すばかりなので、見ている私たちはもっとそのことを意識しなければいけませんね。

ニュース番組でさえ、アホがアホ丸出しのコメントしかしない。こんなことでニュースを見た気になっていてはいけません。

有料放送ですが、広告を採らず、したがって何者にも縛られない自由な立場でニュース番組を制作している「ビデオニュース・ドットコム」をみなさんにお勧めします。

元APの記者をしていたビデオジャーナリストの神保哲生氏と、私が勝手に社会学的なフレームを拝借している首都大学東京教授の社会学者、宮台真司氏が、民放やNHKでは決してできない時事問題の切り口を見せてくれています。

|

« ABC活動やってきました(9月6日) | トップページ | 報道される政治に疑問が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/23903880

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジになったわが家のテレビ:

« ABC活動やってきました(9月6日) | トップページ | 報道される政治に疑問が・・・ »