« 報道される政治に疑問が・・・ | トップページ | 英検・・・・・準備不足で撃沈 »

2008年10月13日 (月)

三浦和義が自殺

 「疑惑の銃弾」が世間を騒がせたのは高校を卒業した頃だった。
テレビで観る三浦和義という人物は、当時の報道を思い出すと「性的異常者」で「保険金殺人の依頼者」であるという断定に基づいて、そのような人物像として映し出されていた。

 妻を殴打した件では有罪となり服役しているが、銃撃については最高裁まで争われて無罪判決が出ている。しかし、多くの日本人は、その報道の偏りから「どうせやったに決まってる」と思っていたことだろう。スワッピングという言葉を初めて聴いたのも三浦和義氏がそれに参加していたという写真週刊誌の記事だったように思う。私も「きっとあいつがあったんだろう」と思っていた。

 しかし、その後、最高裁で無罪となった一美さん銃撃事件に対する偏った報道のあり方が問題となっており、三浦氏自身が報道被害に関する講演をおこなったり、被害者の集いに参加していたという話も聴いた。

 「もしかしたら、本当にやっていないんじゃないかな」

 マル激から出ている神保氏と宮台氏の本で三浦氏の報道被害に関するコメントを読んで、そんな気もしていたところだっただけに、彼の自殺の報道は私を混乱させた。

 「結局、何が本当なのか、まったく分かっていなかった」

 あれだけ長期間にわたって報道され、最近になってサイパンで拘束される三浦氏の映像がテレビを賑わせていただけに、それでも自分は報道に振り回されただけで、いかなる真実も知らずにいたことに対するショックが、じわじわと体に浸み込むのを感じていやな気持ちになった。

 いくらニュース番組を見ても、そこで伝えられてくる情報は、視聴者にはその真偽を判断できない。報道する側の偏向が見る側に伝わり、事件は報道によって作られていく。そんなウソかどうかすら分からない情報に興味本位で飛びついて、報道を鵜呑みにしてみても無意味だということが、今回の三浦氏の自殺という結末を目の当たりにして私が感じたことだった。

 ここでも思い出されたのは「それでもボクはやってない」という映画のことだった。

 裁判で作られていくストーリーは、社会的には真実として社会に流通し、それを根拠にして人は裁かれるのだけれど、自分だけが知っている真実とはまったく違うこともある、という可能性が低くないことを、この映画は伝えている。

 そうした社会の不透明性を、私たち人間は嫌う。

 けれど、それで白黒つけて切断された「事実」は、しかし本当の真実かどうか、誰も私には伝えられない。そのことをみなさんも、今回の事件を参考に考えてみてほしい。

|

« 報道される政治に疑問が・・・ | トップページ | 英検・・・・・準備不足で撃沈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/24478714

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦和義が自殺:

» 三浦氏自殺で思う危険性 [マエストロ時津英裕のブログ]
 この事件について、とやかく言うつもりは無い。もう十分に語られてきたし、永遠の迷... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 20:18

« 報道される政治に疑問が・・・ | トップページ | 英検・・・・・準備不足で撃沈 »