« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月28日 (金)

勉強法を調べていたら・・・

社会人が学ぶさまざまな方法、書籍、先生などがたくさんあることが分かってきました。

きっと、まだほんの一端しか見ていないのだと思いますが、ちょっとずつかじりながら、自分にあった勉強法やスタイルを確立していきたいと思っています。

・多聴多読
・試験で高得点を挙げるコツ
・英語を聞いた順番に理解する(返り読みをしないで)
・ゆるぎない基礎である語彙・文法を確実に
・文法不要、ひたすら聴け
・辞書不要、簡単な英文を読み込め
・無料の教材活用術

などなど・・・、Amazonで調べても、そのたびに新たな世界を示した本が見つかる始末で・・・。

こんなことなら中学、高校、大学と、もっともっと有効に勉強できたなぁ、と反省しきりです。けど、まぁ、そんなことばかりも言ってられませんので、来年からの自分スタイル勉強法の確立に向けて、年内がんばってみます。

本には「よい勉強仲間を見つけろ」と書いてありますが、むずかしいです。

誰か、ゆるいサークル活動をしている方、仲間に入れてください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

英検の結果発表!

99点満点の一次試験で66点でした。

今回の準1級の合格点は70点で、4点及ばすという結果に終わりました。

「不合格A」

不合格の中でも悪くない不合格ということらしいけど、うれしくないよねぇ。

チャレンジするとダメだったときに何も残らないのが痛いですね。

例えば2級を受けていれば合格ラインは60%で、単語も簡単。余裕で取れてたと思うんですよ。結果は残ります。けれども、それじゃおもしろくないんだなぁ。

ギリで受かるくらいのレベルだからハラハラ・ドキドキも大きいし、長く楽しめます。

単語を覚えては忘れ、覚えては忘れして、痴呆症のオヤジみたいになっていますが、少しでも押し戻して、次回1月の受験で再チャレンジします。さらにおまけのTOEICも受けます。というか現在こっちに全力投球してたりして・・・。

「長く楽しむ」といっても6,000円以上の大金を払っており、参考書の大量購入でお小遣いピーンチッ!あと2回くらいで合格を手にしてみたいものです。

TOEICはどの本を見ても「目標」のことが書かれています。そりゃ900点台ですよ、趣味ですから。とりあえず前回は惨憺たる結果を実力として残してしまったので、来年1月にはまず700点台を狙います(目標低い!)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 4日 (火)

世の中のことが頭に入ってこなくなった

30年ぶりの英語検定で失敗して、結局中2の春に受かった4級が私の級・・・・・くやしいのでリベンジのための勉強は続けています。

けれど、そのほかのことには気持ちが向かなくなってきています。

子供がいるということは、良いも悪いもなく集中力と時間が必要なんですね。根気も要るし、本気だから夫婦でぶつかるとケンカになってしまいます。ジャスミンがかなり譲ってくれているので、ほとんどケンカには至らずにすんでいます。そういった意味での忍耐力も不可欠ですね(特にオレ)

お笑い番組も見入ってしまうことがあまりなくなりました。

「千曲市問題」も「民度向上」も頭から抜け始めて(髪以外にも)いて、緊張感が低下しています。ニュースにも突っ込みを入れることが少なくなりました。

今日気になったことといえば、朝青龍がなかなか帰ってこないことについての内館まきこのコメントで、モチベーションが下がっちゃったから帰れないんじゃないの、みたいなことが報じられていて、この人の国技は日本人が前提みたいな態度に加えて外国人力士に対する辛らつなコメントで、腹が立ったこと。

朝青龍は強い横綱だと思います。別にファンじゃないけど、立ち合い前の気合の入り方がハンパ無いのがすごいなぁ~って感心していました。私には知りえない裏事情もあるんでしょうが、大多数の人間はメディアから得られた情報だけで世界を作っているんだから、わけの分からない御託を並べられても困ってしまうのですね。

これまでどおり読書というか、趣味の範囲で「なんちゃって社会学」の勉強は続けています。気になっているメディアリテラシーについては子供向けの「世界を信じるためのメソッド」という本を半分ほど読んだところです。
なかなか良いのでお勧めしていきますね。

世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ) 世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)

著者:森 達也
販売元:理論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メディアリテラシーについて考えているとキリがありません。自分が見てきた物事には、特定の利害が絡んだ偏向が色濃く刻印されていたんだと恐くなったりします。

子育てに集中している今はさまざまな不安もあって疲れるけれど、毎日の瞬間瞬間はすごく幸せなんです。けれど、このまま頭が回らなくなるのは怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »