« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月24日 (水)

仏教諸派の教祖さま

法然とか親鸞とか日蓮といった、日本史で勉強した仏教諸派の開祖や、その後、現れた偉大な仏教の僧たちについてちょっと考えることがあったので書きます。

きっと、偉大なる開祖たちは、死後に開ける世界があることなんて、これっぽっちも信じていなかっただろう、と勝手に思ったわけです。
現世において法律やしきたりなどで許されなかった人間も、「仏が許す」と言われれば、臨終に際して安らかな気持ちを持てるし、改心してよき人生を歩むことで心安らかな日々を取り戻すことができる、ということを開祖たちは知っていたはずです。

人の死に意味を与えて、残された者たちにその死を理解可能にすることこそが宗教の仕事だとわかっていたからこそ、現世の人間に向かって仏法をといたわけですよ。乱世にあって荒みきった人々の心を救済する宗教活動が必要なことを理解していたと思います。

私の知る「死者」って、死んでしまった人の「生きていたときの記憶」なんです。だれにとっても同じだろうと思うのですが、まぁ、百歩譲って焼かれる前の眠っている姿かな。すでに死んでしまった人って言うのはどこにいるかというと、やはり記憶の中なのでしょう。決して「あの世」ではありません。
周りの人々に望まれ、期待される生き方は、人それぞれ、千差万別だと思いますが、人間は望み、望まれて生きているということに変わりはありません。しかし、現代の日本では、そうした望み望まれる小さなコミュニティからもこぼれてしまう人間が増え続けているように思います。
そうした人々の生きる拠り所となるべき宗教は、現在の宗教界にはないのではないでしょうか?宗教の情報を収集しているわけではない人並みの知識しか持ち合わせない私に届いてこない情報は多くの日本人にも、同じく届いていないだろうと思われますから、多くの人間が知っている、日本人の拠り所となる宗教は宗教の世界ではなく、学問の領域に存在しているのではないかと思います。機能的に等価であれば、宗教っぽくなくてもいいわけですよね。

これからは、使い古された言葉ですが「心の時代」になると私は思います。
新自由主義の旗の下に拡大を続ける企業のような教団は、その存在意義を問われることになって来るでしょう。新しい宗教がいくつも生まれてくることでしょう。宗教という形態からはかけ離れた外見をもって、宗教の役割を担う学問もどんどんと身近に広がってくると思います。私たちは、もっともっとそうした事柄に対して、明確なビジョンと自分なりの答えを持つべきだと思うのです。

環境問題も法制度も、経済も政治もなにもかもを大きく見直すべき時期に来ていると私は思います。そうしないと社会の進むべき方向は定まらないはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

多読なんとか6万語

私の「読書記録手帳」は20冊、62,858語になっています。

名作のRain Manは、映画をまじめに観ていなかったせいか、新しい発見がありました。

このタイトルのRain Manですが、小さい頃に生き別れた兄を2歳の弟がレイモンドと呼べずに、レインマンと言っていたことに由来しているんですね。

Level3ではむずかしい単語を使えないせいか、2人で旅をするシーンが短いのが少し不満ですが、読んで伝わる雰囲気もあることを実感しました。これからも映画になっている作品を積極的に読んでいこうと思います。

で、さっそく大好きなNotting HillがLevel3で出ていたので購入しました。
これはロンドンの書店で安売りDVDを買ってきたらリージョンコードが合わずに、プレイヤーでは観れなかったという失敗をやらかした作品です。
London滞在中に3回ノッティングヒルに出掛けましたが、ここに出てくるTravel Book Shopって本当にあるんですよ。
日本人には会わなかったけど、観光客らしき女性がたくさん来ていて、店の前で写真を撮っていました。店内には映画の写真が貼ってあるのですが、実際にここで撮影されたわけではないみたいです。ここでイスタンブールの観光ガイドを購入しました。地下鉄Notting Hill Gateから徒歩10分です。毎週日曜日には骨董品や野菜、衣料品などの露店がひしめくマーケットに変身。年に1度、Bank Holidayに合せてノッティングヒルカーニバルが開催されます。初めてのロンドンで、このカーニバルの初日に当たっていて、空港から荷物を抱えたまま午後までお祭り見物をしたのを思い出します。
ホストファミリーが電話に出ず、授業も無いので一日観光を決め込んでの暴挙でしたが、歩道の見物人と仲良くなったりして楽しく過ごしましたよ。もっともこのお祭り、2日目に隣の部屋のホルヘに誘われたけど、あまりの混雑で見送りました。すると夕方のニュースでケンカで1人死亡と報じていてビックリ!ホルへとカトリーナは無事に帰ってきましたが、カーニバルって、南米のお祭りで、主体はブラックの人がやってるということを初めて体験的に知ったのです。

ロンドンへ行かれる方には、ノッティングヒルお奨めです!

Notting Hill: Level 3, Penguin Readers (Penguin Longman Penguin Readers S.) Notting Hill: Level 3, Penguin Readers (Penguin Longman Penguin Readers S.)

著者:Curtis
販売元:Prentice Hall College Div
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

結局、多読から始めてます

 100万語をやさしい英語で読んで、英語圏のお子様のように英語を憶える、という壮大な計画がスタートしてしまいました。

 Oxford Bookwormsとか、Cambidge English Readersといった出版社からレベルわけされた本がたくさん出ていて、自分の力に合せて「スラスラ」状態で読める本をたくさん読むわけなんですが、お約束が3つ!

■辞書を引かない

■わからないところは飛ばす

■つまらなくなったらやめる

 じっくり辞書を引きながら内容を理解すると違って、いちいち日本語にしなくても分かる簡単な英語で書かれている本があって、始めてみた感じでは、今の私にはLevel2までがストレス無しで楽しめる限界なか、というところです。

 私が最初に手に取ったのは「100万語多読入門」(コスモピア)です(下段にリンク貼ります)。

 洋書6冊分の本文と音声のCDが入っています。本1冊がすべて載っているわけじゃなくて、一部抜粋されていますが、多読を始める方には前半の解説部分は不可欠です。
 やさしく解説されていて、読み終えた後に載っている本をすぐに読みたくなります。「多読記録手帳」というのが付いていて、総語数を集計しながら読めます。これは数字に目標を置く場合には大いに励みになります。

 「多読」には、英語の試験対策としての即効性はない、と書いてあります。英語の勉強にもなりますが、たくさんの作品に触れる楽しみを長いこと続けることができます。結果を出すのではなくて、自分の人生の時間を楽しくする趣味のひとつとして、長いお付き合いができそうなんですよね。

 SSS英語学習研究会という組織が「多読」のHPを運営していて、優しくサポートしてもらえるし、必要な本の情報も入手できます。

 300万語、400万語というツワモノの先輩もいますが、数で勝負するのは無意味です。あくまで自分の内側に水と栄養あげる趣味として、続けていくのが理想です。内容が大事ですから、数字が多くても、実は英語力的には語数の少ない人よりも低いということもありえます。だから、自分への戒めとして、語数にこだわるのは止めようと、ここに書いてみました。

 今日はCambridge English Readers LEVEL1の「Help!」を読みました。
総語数は4,578語。これで3万語を超えたところです。10万語までは自分のペースをつかむために総語数をチェックしながら進めたいと思っています。
 次に読み始めているのは「Fly Away Home」というPenguin ReadersのLEVEL2の作品です。総語数は11,000語と少し増えます。映画「グース」の原作を優しい英文に直してあるやつです。16羽のガチョウのヒナを家へ連れて帰ったエイミーが、お父さんの彼女に友達として少しだけ心を開き始めたあたりを読んでいます。

 その次はもう入手してあって、ダスティン・ホフマンがアカデミー賞をとった「Rain Man」です。これはLEVEL3なので、ちょっとむずかしいけれど、辞書を引かないで、わからないところは飛ばして、でもストーリーは十分に分かる範囲です。おもしろい作品が多いのはLEVEL2から、という印象ですが、LEVEL1やSterterには、英語の語感を習得する大切な表現が多いとのことなので、おろそかにはできません。

 カテゴリーにも「多読」を設けましたので、これから時々、多読の様子を書かせていただきますね。

 一緒にやってくれる方いませんか?
一人でやってると、本代がばかにならなくて・・・

100万語多読入門【CD付き】 Book 100万語多読入門【CD付き】

著者:古川 昭夫,伊藤 晶子
販売元:コスモピア
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »