« 多読、久々に再開しました | トップページ | 今日は5年目のがんちゃんの命日です »

2009年3月 6日 (金)

野生動物との棲み分け

★野生動物のエサになる実を付ける樹木を山奥へ植えよう!
 「良いこと思いついた」と思ったんだけど、市役所農林課の係長に話したら「四国の村で実際にやっているらしい」 というとで、ちょっとがっかり。まぁ、それは置くとして、「森を豊かに」という方向性は間違っていないと思うんですよね。

 で、人と野生動物がニアミスせずに住み分けられるように、マップを作って効果の出る場所へ栗、柿、りんご、あんず、どんぐりなど、エサとなる実がなる樹木を植えて、それが実を付け始めれば、野生動物は里へ下りなくても生きていくことができるようになる。
 この方法で、イノシシも来なくなるのだろうか?現在、被害が報告されている動物を全てピックアップして、下りてこない方法を専門家の意見を元に考えていく必要がある。

 実施が決まれば、農家は喜んで協力してくれるだろうと思います。

 やっぱり、「下りてくる原因」に対して手当てするのが本来の共生というか「棲み分け」になるのではないでしょうか。

|

« 多読、久々に再開しました | トップページ | 今日は5年目のがんちゃんの命日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/28494985

この記事へのトラックバック一覧です: 野生動物との棲み分け:

« 多読、久々に再開しました | トップページ | 今日は5年目のがんちゃんの命日です »