« 地域の奉納相撲やっちゃいました! | トップページ | ヱヴァンゲリヲンの情報整理 »

2009年10月20日 (火)

「仏陀再誕」というアニメのCM

CMによると・・・

ある事件をきっかけに霊が見えるようになって・・・・・

まぁ、作り話だからどうだっていいんだけどさ、「現代の荒廃した世界を救うために『仏陀』は再誕する。」という部分は、CM段階ですでに終わっている。

悟りを得てニルヴァーナの世界に赴いた者が、解脱したはずの輪廻転生を経ず、いきなり再誕するなんてさぁ・・・あまりにも仏教をバカにした話だと私は思うね。

悟りを開いた者は、輪廻転生から卒業するので、本当に悟りを開いた者であるならば、再誕しないはずなのだ。キリスト教じゃないんだからさ、その辺をまず分かっておいてほしいよね。

それに仏陀は「神」じゃなくて「人」だ。
大いなる力で世界を救うなんていうイリュージョンは起こせないのだ。
観てもいないのに、基本的な部分で突っ込みどころが満載なアニメってどうなんだ?

しかも仏陀や仏教を、本来の姿からすいぶんと変形させてしまっているという点で、仏教界からクレームのひとつ、ふたつは出てもいい。身近な宗教に関わることがらだけに、結構あちこちで火の手が上がるような気がする。

|

« 地域の奉納相撲やっちゃいました! | トップページ | ヱヴァンゲリヲンの情報整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/31855573

この記事へのトラックバック一覧です: 「仏陀再誕」というアニメのCM:

« 地域の奉納相撲やっちゃいました! | トップページ | ヱヴァンゲリヲンの情報整理 »