« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月26日 (木)

市内で「仏陀再誕」のポスターを見つけた

Imgp6681 いや、別に宣伝じゃないけどね、テレビCMが突然終わって、まったく目に触れなくなったかと思ったら、市内に看板がありましたよ。

自分が仏陀だとハッキリ言ってしまえる人間を、仏教徒が受け入れられるのかどうか・・・、やっぱりむずかしいでしょうねぇ。

大川氏の生い立ちをwikiで調べてみましたが、やっていることの理由がわかるなぁ、という感じです。

まぁ、学力が高いのはすごいと思いますが、でもそれだけではダメでしょうね。司法試験と公務員Ⅰ種試験に落ちて神がかってしまったということのようで、言葉にすれば簡単ですが、きっといろいろな苦難や紆余曲折があったのでしょうね。結局、自分が仏陀になっちゃうわけですから、ほとほと哀れな末路と同情しちゃいます。

その自意識過剰にまた大勢のみなさんがエールを送ってしまうのも困ったものです。自分ひとりでは何の説得力も無いので、過去の偉大な宗教者(思想家)に成りすまして、自分を拝ませてるんでしょ?「主エル・カンターレ」なんですから。

社会の価値や上下貴賎みたいな「現世における意味」にがんじがらめに縛られているこの総裁の言葉を信じられる人は、きっと情報収集力と論理的思考力が弱いと思いますので、さまざまな世の中の相を真摯に見て回られたほうがいいでしょう。

言っててむなしくないか?総裁さん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月19日 (木)

ヱヴァンゲリヲンの情報整理

まず言っとく。

海洋堂のリボルテック・ヱヴァを買い込みました。
量産機2種類、初号機覚醒版、弐号機、仮設五号機という感じで・・・。

で、新劇場版「序」、「破」を受けて、今後の展開を想像したり、これまでのテレビシリーズと旧の劇場版からゼーレとゲンドウのシナリオについて考えたりしています。

これまで、あまり詳しくは調べてなくて、観たままの感想を書いていただけだったんだけど、神であるかのように詳しく調べてHPにアップしているスゴイ人がいるのを見つけたのをきっかけに、自分なりに情報収集&整理をしています。

「破」までを観て、ゼーレやゲンドウが言ってる「リリスとの契約」という言葉がどーも頭に引っかかって・・・。

この先の「Q」と最終回との二回で、この「リリスとの契約」がゼーレとゲンドウによって履行されることになるんだろうけれど、そもそもリリス相手に契約って可能なの?
「死海文書外典」をリリスとリリンとの契約書と見なしているのかも。

ゼーレも、なにゆえにLCLになりたがるのか?
なりたくない大多数の人類の気持ちなんかお構いなく、勝手にそんな話を進めて実行しちゃうってどういうことなの?それこそが「残酷な天使のテーゼ」なのか?

ゼーレがやってることって、人類のためになってない気がしない?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »