« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月18日 (金)

さらに謎解き

コミックスを5~11巻までチェックして分かったことがいくつか。

ゲンドウの人類補完計画に関する分析の多くは
「実はユイを愛しており、再開したいためだけにサードインパクトを起こすつもりだった」
というものだが、あの男がそれだけのためにここまでやるか?という疑問があった。

コミックスで語られているゲンドウの人類補完計画は、ゼーレがパンドラの匣(はこ)を開けて、そこから人類の「希望」が出る前に、ゼーレより先に匣を開けて、希望が出る前に閉めちゃうという計画だったのではないか、と想像されるわけです。

旧劇場版の終盤で、ゲンドウは自らの右手のひらにアダムの胎児を移植(コミックスでは食べていたが・・・)し、アダムとして、リリスであるレイと融合し、さらにエヴァ初号機と融合してエヴァの中にとどまっていたユイと乗っていたシンジと3人で、アダム、リリスを伴ってガフの部屋へ入り、その扉を閉めるつもりでいたのでは、というのが私の妄想です。

ゼーレは、本来白き月チームのアダムの継承者として生まれ変わることを目指していたので、アダムの分身であるエヴァ弐号機以降にS2機関を取り込ませて「神に等しき存在」を作り、南極の白き月のガフの部屋を開け、儀式によってサードインパクトを起こし、全人類を白き月チームの正当なる継承者として生まれ変わらせることを目指していたはずなんだけれど、いつの間にか黒き月でも良くて、リリスの分身を依り代にするのでもよくなっていた。

S2機関を内蔵した量産型のエヴァ9体は、儀式と呼ばれる手順を踏む場合に使われることになるのだけれど、あれが無ければセカンドインパクトくらいで済む気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

ヱヴァ分析 つづき

セカンドインパクトの際に現れた4人の巨人と、条約により一国が所有できるヱヴァの数が3体までという決め事との間に何らかの関わりがあるのかどうか・・・。

「ある」という意見が多いようですね。

ヱヴァが4体集まると、サードインパクトの危険があるということか。
4人のネブカドネザル王と、劇中に出てくる「ネブカドネザルの鍵」になにか関わりがあるのか。
ヱヴァ4体が条約に背き、第三新東京市のNERV本部に集合して何かが起きるのか。集まるとしたら、弐号機、参号機が壊れちゃったから、初号機、零号機、六号機(Mark6)、八号機(詳細不明)か(7号機は?)。

ヱヴァンゲリヲン自体は、なにからどうやって作られているのか。

アダムは南極の「白き月」内部で発見され、リリスは箱根の「黒き月」から発見されたということだが、第一始祖民族が蒔いた二種類の生命の種が地球に着床したということでいいのか。

アダムは、発見当時「未覚醒」で、実験の最中に目覚め、黒き月チームに反撃するためにアンチA.T.フィールドを展開、黒き月より生まれたすべての生命体の半分を消した。

アダム以外の白き月チームの使徒はアンチA.T.フィールドを展開できないが、S2機関を持ち、永久に純単独で行き続けられる単体生物(=生命の実を食べた種族)。

白き月チームに勝利し、相手のS2機関を取り込んで儀式をおこなうことで、アダムとリリスの両方の能力を持つ「神に近い存在」になることができる。

ゼーレの人類補完計画は、「滅び」という形をとるが、ゲンドウはアダムとして初号機と融合してユイとの再開を果たしたあと、自らサードインパクトを拒否してパンドラの箱を閉めるつもりでいたのではないかと想像しているのですが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

ヱヴァンゲリヲンの更なる謎解き

一般的な話題ではないので、関心の無い方はスルーしてくださいね。

新劇場版ヱヴァンゲリヲン「破」のブルーレイが早くで無いかなぁ、と心待ちにしながら、かなり遅めの「ヱヴァ謎解き」に挑戦しています。

最初に言っとくと、これを真剣にやりすぎると、ヱヴァが楽しめなくなる場合も出てくるんです。私もヤバイ感じになってきました。

現在、取り組んでいるのは、黒き月チームv.s.白き月チームのサバイバル説の作成です。

「死海文書外典」は、ルールなどの手引書で、それを仕組んだのが「第一始祖民族」であるという、夢も希望もまったくない説を考え中。

さらに、ヱヴァ=日本軍で、ヱヴァ破のラストでヱヴァ初号機を止めたのが月から来たMark6=昔のアメリカの核爆弾ファットマン(Mark3系)の改良型というのも平行して考えています。正体の見えない敵=戦力の読めないアメリカであり、神風に吹かれるままに突き進んだ天皇を頂点とする日本は、ごく少数の人間の欲望を実現するために世界をも滅ぼそうという神がかり状態のヱヴァにも見えてくる。

なかなかいいストーリーにならなくて困っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »