« 新年のごあいさつ | トップページ | 「地球温暖化」とは何か? »

2010年1月17日 (日)

ヱヴァの謎解きはmixiに移動

コミュニティサイトmixiの招待を同級生の岸利徹氏(HN)からもらったので、ヱヴァの謎解きなど具体的なのはそっちでやることにしました。

「40代でまだロボットアニメかよ!」って言われそうだし、そもそもヱヴァ系の単語が分からない方には不愉快な思いをさせてしまうかもしれないので、ヱヴァに特化したサイトを作るのがいいかなって思っていたところでした。

せっかくなので、「新世紀エヴァンゲリオン」をご存じない方のために、簡単に物語の設定などについて書いておきましょうね。

パチンコ業界でも結構人気高いんじゃないでしょうか。新作がどんどんと出てきていて、「月刊ヱヴァ」とかっていう雑誌まで出版されています。コンビニで手に取ったら、打ち方が載っていて、アニメ業界では出していないグッズをパチンコ業界が出していたりしてビックリ!

まぁ、それは置くとして、物語の設定ですが、大きく言っちゃうと、本来地球に産まれて増殖していくはずだった生命体が現代まで目を覚まさず、後から地球にたどり着いた別の生命体の卵が先に生まれてさまざまに進化し、その究極の形態としての人類にまで行き着いて、その知恵を武器に、地球の覇権をかけて闘うというお話です。

細かい設定が劇中では隠されているのでわたしの解釈で書きますが、西暦2000年に人類は、この「敵」を倒すために実験をしている最中に大爆発事故をおこしてしまい、人類の半数が死んじゃうわけです。これがセカンドインパクトと呼ばれます。この事故は国連によって巨大隕石の衝突によるものとの情報操作がおこなわれました。

ここまで書いてくると地球外生命体が明確な「敵」で、それを倒すための戦闘の物語かと思われるでしょうが、これがまったく違います。死海のほとりで発見された「死海文書」というキリスト教関係の古文書がありますが、これにこの別の生命体のことが書かれており、この文書に関係のあった宗教団体の流れをくむゼーレという組織が、これを秘匿して独占します。この文書には2015年に、この別の生命体からの攻撃によりサードインパクトが起き、人類は滅亡すると書かれており、ゼーレは、本来地球に栄えるはずではなかった人類は穢れており、愚かな行いを繰り返しているので、贖罪して、全人類をリセットして穢れの無い状態からスタートすべきだとの信念(教義に基づく)により、死海文書に書かれていたとおりに、目を覚まして襲ってくる敵である「使徒」を倒し、儀式をおこなって人為的に人類を始めとするすべての生命を、「進化のゼロ地点」へと戻すべく、ネルフという実行組織を作り、シナリオどおりに進めていこうとするのです。しかし、ネルフの総司令である碇ゲンドウは、ゼーレの資金力と社会的な影響力を利用して、ゼーレの計画である「人類補完計画」を遂行しているフリをしつつ、実は別の生命体を滅ぼして、人類を現状のまま維持する方向で独自の計画を進めているわけです。

完結していないコミック版が11巻出ているので、誤解なく理解したい場合はコミック版をお勧めします。テレビ放映版と劇場公開版はちょっと別の癖があって、メインのストーリーが追いづらくなっています。

まぁ、よく分からないと思いますが、実に良くできたアニメですので、気になる方はチェックしてみてください。ただし、コミックにも映画にも分かりやすい謎解きはまったくされていませんので、十分に味わいたい方は謎解きサイトなどで基本的な設定等を確認してからのほうがいいかも。

|

« 新年のごあいさつ | トップページ | 「地球温暖化」とは何か? »

コメント

不愉快な思いはしていませんが、エヴァが分からないのでコメントできずに読み逃げ状態でした。
すみません。
このアニメは見たいと思っていながら機会がなくてそのままにしていたんです。
実は私もロボットアニメ好きです。
今回、物語の設定を読ませていただき、何となくどういうお話か分かりました。
DVD借りてきて見てみようかな。

投稿: テレマルカー | 2010年1月21日 (木) 12:40

全部お貸しします!

仲間が増えるのは大歓迎さ!!

投稿: arjunaheart | 2010年1月26日 (火) 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/33024476

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァの謎解きはmixiに移動:

« 新年のごあいさつ | トップページ | 「地球温暖化」とは何か? »