« 体に悪い生活 | トップページ | 地域への思い »

2010年6月19日 (土)

ヘタレ若連委員長の自己防衛術

 千曲市の戸倉上山田温泉夏祭りの若連委員長という役職は、その昔はカリスマティックでなければできない名誉あるものだったみたいです。現在でもその名残は多く残っていて、この役職を知らない人に街なかで出会ったことがありません。

 残念ながらわたしは例外。カリスマ性のかけらもありません。それがあったら、もっと違った人生になっていたことでしょうね。まぁ、これは置くとして・・・・・。

 地域の活性化や観光振興、地域住民の一体感の醸成、若い世代のまとまりの強化など、温泉夏祭りにかかる期待は大きいものがあります。そんな中でも、やはり金銭的な制約をどうしても受けますよね、このご時勢。大きな会議では懇親会がつき物ですが、会費を上げたり、旅館に泣いてもらったりと、経費節減や財源の確保に乗り出すと、あちこちで壁にぶつかります。

 「お祭りだから」という理由で会費の値上げには根強い反対があります。私も会費を払う者として、そりゃ安い方が参加しやすいです。そこで、昨年度の反省会で会計から要望した会費の大幅アップは、今年度は小幅で様子見としました。

 当初は大幅値上げの計画で、すでに値上げした金額を記載して開催通知も出していましたが、会費を払える人だけを呼ぶ会議ではないので、できるだけ安く抑えるのは大切なことです。

 これでは差額がかさむだけなので、旅館に単価を下げてもらわないといけなくなります。若連会計では、旅館への支払いと会費との差額を引き受けることになるので、旅館には泣いていただかないとできないわけです。この不景気な旅館業界で、「そこをなんとか」と頼むには勇気が要ります。そこで、同じ業界にいる先輩役員にお願いすることにしました。

 カリスマ性を発揮しなければならない若連委員長がおろおろしているのを見かねて、先輩方が手を差し延べてくれます。ありがたいことです。それは私に対する優しさであると同時に、若連委員長という役職のカリスマ性を維持するということでもあります。だから私には、その役職名を汚すことなく次へ引き継ぐという大きな使命が課せられているわけです。

 

 こうした中でもまれると、つらいけど、勉強になります。日々、「う~ん」と唸りながら納得したり、感心したりです。

 自分の決断力、判断力、問題解決能力、情報収集力、忍耐力、目標達成力など、さまざまな力が問われ、結構ボロボロです。これまでやってこれたのは、もちろん楽しく飲み会をやってきたのも大きいですが、その次くらいに、家族との時間があり、読書で頭を切り替える時間を作って集中したり、仕事に没頭したりと、少しでもお祭りを考える連続した時間に切れ目を入れるように意図してきたことが大きいと思っています。

 ヘタレなわたしですから、「はい、この問題を何とかしてください!」とやられた時点で、フニャフニャフニャとへたり込んでしまうのですが、それでも期待してくださる地域の方には、立場上泣き言も言ってられませんので、工夫をこらして、平常心を保っています。昨日、本屋で見つけたマンガを気分転換のために衝動買いしたのです。「アイアムアヒーロー」という展開がジェットコースター系のマンガですが、今のわたしの気持ちに近いものを感じて癒されました。これ、女性は無理です。男性の中でも、自分自身相当にオタクとか、変とかいう自覚がある人にならお勧めです。はっきり言って「グロ」ですので・・・。

|

« 体に悪い生活 | トップページ | 地域への思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55400/35360548

この記事へのトラックバック一覧です: ヘタレ若連委員長の自己防衛術:

« 体に悪い生活 | トップページ | 地域への思い »