« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月 9日 (金)

地域への思い

 歴代の若連委員長OBが「若連3役を励ます会」というのを毎年開いてくれます。時代は違っても、同じ困難を乗り越えてきたOBのみなさんのお言葉には、重みと優しさがあります。

 最近、飲むと眠くなってしまうので緊張感が足りないのを反省しています。去年は責任もいくらか軽かったので今年ほど酔わなかったのですが、注がれたお酒は全部飲まないといけない気がして、身の程をわきまえず飲んでしまうのです。

 で、翌日ひどい状態でバス通勤することに・・・。

 かっこ悪いですよねぇ。

 あと10日で、お祭り終わっちゃうので、この緊張感や、今年の祭り前の街の雰囲気を楽しんでおきたいと思います。

 この先、舞台ソデで演奏を待つような緊張が押し寄せてくると思いますが、緊張を意識して、その状態の中で何ができるか、それを試すので昔から好きだったんです。

 私は人一倍緊張しやすい体質で、小学校の頃から赤面性で苦労していました。今でも発言の順番が回ってくるときなどは心臓バクバクしてます。

 地元の音楽祭で何度かソロ演奏をさせてもらったことがありますが、自分の番が近づくにしたがって、自分が自分でなくなる体験を毎回していました。ただ、そういった緊張状態って、日々の暮らしの中ではないので、その状態を自分で創って、そこに身をおいて緊張の極限にいながら、いかにパフォーマンスを維持するか、毎回それを意識しながら、手足の震えを隠していました。

 緊張しながらも、舞台の上から会場を見渡してみたり、知人を探してみたり、演奏のフレーズを歌ってみたり・・・。緊張は解けませんが、緊張に慣れることは、ある程度はできます。緊張状態で何かをすることって、けっこう癖になるんですよ。

 そんなわけで、あと10日間かけて高まっていく緊張に心身を慣らしながら、つぶさに今年の夏祭りを見つめて、残せる記憶を残し、楽しむ時間を楽しみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »