« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

Twitterでできることって?

Twitterというつぶやきツールが人気です。

これは、ある程度の準備をしないと「孤独な叫び」になってしまうので、登録してすぐにつぶやくと孤独感を更に強める結果になりよくないです。
私も始めたばかりですが、フォロワーがつくか、まずハラハラします。

幸い友人がすぐに見つけてくれてフォローしてくれたので事なきを得ました。
その後、千曲市在住と思われる方を検索してフォローしたり、有名な人のフォローもしてみました。

先日、Twitter上で偶然見つけた元オウム真理教の上祐氏をフォローしてみたのですが、前から思っていた漠然とした気持ちをダイレクトメッセージに乗せて送ったら、いきなり返事が返ってきました。
彼に対する気持ちを言葉にしたことはなかったので相当に変な文章を書いてしまいましたが、それでも都合6通分のダイレクトメールで返信をしてくれました。

また、芸能活動をしているいぬいさんという方がフォローしてくれていたり、フラワーアーティストの柿崎順一氏(柿崎さんはリアルでも面識がありますが)と繋がることができるなど、私とは比較にならない有名な人との接点が創れるので使い方を工夫すれば非常に楽しいツールです。

先ほどの上祐氏に対する気持ちについては、オウム事件のあと、オウム真理教、アーレフと決別して「ひかりの輪」という別の教団を立ち上げて、多くの信者さんとともに真面目な活動をしているようです。
私が引っかかるのは、問題設定は社会学や政治学と同じ視点を引きながら、宗教的なというより倫理・道徳的な言葉で問題を柔らかくしてしまって、そのことが私には曖昧な状態で保留してしまうように感じられた。
そのことを140字の制限の中で伝えたかったわけです。
むしろ宗教という「手段」から離れたほうが、彼の立てる問題設定に対する解決策を探りやすいのではないか、と思うのです。

上祐氏のオフィシャルホームページをリンクしておきます ⇒ http://www.joyus.jp/

問題設定が宗教的ではないのに、それがひかりの輪による問題の解釈や改善方法の段で、一気に宗教的になってしまうのが残念なんです。
「世界ヒツジ化計画」みたいなものにさえ見えます。「慈悲・智慧」をもって世界を見ると穏やかな幸せが得られるということで、そんな自分を目指して極端でない修行をすると、その境地に達するということみたいです。
詳しくは上記のサイトで確認してみてほしいのですが、問題設定が荒すぎるので、情報化社会で生きている現代人には飽きられやすいし、宗教的は部分は敬遠されてしまう気がするのです。
上祐氏は、社会的な影響力を持ちます。彼が仏陀のように哲学や社会学をを説けば、もっと有効な社会変革が可能であると、わたしは思っています。
そんなことを指摘したら、圧倒的な論理の差で反論されてしまいました。大学時代に外国語による徹底したディベートの訓練を受けてきた彼に私の真意を分かってもらうにはTwitterの140字では到底無理な話ですし、それ以前に私の言語運用能力ではそもそも不可能です。
まぁ、ディベート大会ではなく個人と個人の話しですし、説得しあうわけではないし、自分の中に生まれた疑問を放置するのは精神衛生上よくないし、Twitterというネットツールによってより近づける環境が出現したので、たくさんの人々の声を聴いて行きたいと考えています。

一概に「宗教」といっても、宗教が何かを説明できる人は世界中にたくさんいるわけではありません。個別の教団の実態は千差万別で、標準的な宗教があるわけではないし、社会制度ではないので、決まった要件があるわけでもない。
世界には「政治=宗教」の世界もあるし、「宗教=地域文化」の地域もあります。宗教的なコミュニティが社会の相互扶助を実現する懐の深いものであることもあるし、日本でも最近登場しているように無宗教のお葬式をする人がいる社会もあります。
上祐氏は、社会も宗教も不二であり同一のものの側面でしかないと言っていますが、無宗教の人の生きて死ぬ場所があることを考えれば、宗教と社会は同一ではないとわたしは考えます。
私は、宗教をうまく説明できない人間の一人ですが、今はこう考えています。宗教はその教団に特有の価値体系で、それを共有するのが教団という組織であると。
オウム事件は、私たちの世界の法で守られた価値体系が実は非常に脆いものだということを示す好例であったと思っていますが、あの事件のあとも、「なぜ人を殺してはいけないのか?」という問いへの答えが見つからないままに、大勢を殺害する事件がたくさん起きています。
戦争という大規模殺害行為が国家によって発動される世界の不条理を、われわれ人類は乗り越えられていません。
そうした中で、日本人はだんだんと宗教から遠ざかっているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

夏バテか・・・

何もする気が起きず、危機感を感じて薪割りなど始めてみましたが、どぉ~もスッキリしません。

お腹がすいてるわけでもないのに、毎食食べて、祭りで燃やした体脂肪が急激に戻りつつあるのを日々実感しています。

やばいですね、このままでは。

とにかく燃え尽き症候群から早く脱出して、基礎代謝上昇プログラムを始動させないといけません。

Twitterであれこれつぶやいていますが、現在フォロワー2人。

ほぼ独り言にひとしいです。

Ustreamも試験放送まで済ませていますが、ちゃんとしたコンテンツがそろわなくて、かなかな本番を迎えられなくて・・・。

たぶんアレだな、手を広げすぎて、一つもモノにならないといういつものパターンに陥っているのだな。

職業柄の制約も多いし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »