« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月25日 (土)

中国大使館へメールしてみた。

在日本中華人民共和国大使様

長野県千曲市に住むarjunaheartと申します。

このたびの尖閣諸島近海における日本国の海上保安庁巡視船と

貴国漁船の衝突問題に関して申し上げたいことがあります。

24日に日本国の那覇地検が船長の釈放を決め、手続きが始まっています。

逮捕に関する貴国首相以下多くの責任ある行政機関が、事故の状況の詳細には

一切触れないままで、日本の対応を「違法」と断じ、経済制裁を発動した事態は

異常であり、貴国国民によって起こされた事故であるにもかかわらず、国家を

挙げて二国間の領土問題にすり替え、衝突事故そのものを国内法に照らして

処理していた日本の地方行政機関や日本国に対する一方的な批判を続けました。

また、資源の無い我が国が、この小さな問題に対して受けた経済制裁等を

政治的、外交的に勘案し、船長の釈放を決定したあとになって、謝罪と賠償を

貴国外務省が要求しているという報道に接し、憤りを隠しえません。

中国人が日本国内で大きな犯罪を犯すことは別に珍しいことではありません。

それに対して、日本国は、犯罪を犯した個人を、その犯した犯罪に照らして

処分するにすぎません。今回もそれと同じことが行われただけです。

尖閣諸島(魚釣島)近海に領海問題があり、緊張があることは否定しませんが、

この問題を、二国間の関係を揺るがすような大問題にすり替えることで、貴国も

日本国も得るものは何もありません。

一連の問題が、貴国の過剰反応によって拡大し、両国間の利益を損なってしまった

事実を厳粛に受け止められ、これ以上、国際的に恥ずかしい対応をされませんよう、

心よりお願いするものであります。

かつてソ連が資源獲得のための強引な国策を実行し、多くの人間が犠牲になった

過去があります。現在の世界において、自国の都合ばかりを優先させる国家など

ありえません。

世界の中心的存在である貴国が、世界から尊敬を集めるのも、世界を滅ぼす

悪魔として歴史に大きな汚点を残すのも、貴国政府の対応次第であります。

輸出や旅行などを一方的に中止するなど、ありえない暴挙です。きっと、

貴国の企業も国民も、そして我が国の企業も国民も大きな失望の中で、

そのニュースを受け止めたことでしょう。

一刻も早く事態の収拾および現状への復旧をなされることを、心より希望します。

これからも、文化的にも経済的にも世界の冠たる貴国と、我が国とが、アジアの

平和と発展をけん引する車の両輪として、手を取り合って進んでいける明るい

未来を、是非とも実現していけたらという気持ちでいっぱいです。

ご多忙のところと存じますが、お体を大切になさってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »