« 2010年11月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月16日 (水)

大災害のさなかに思うこと

こんな大災害のさなか、読売新聞は「政府は無策」だと菅内閣を批判している。

そういわれても私にはよく分からないので、何をもってそのように判断したのかを説明してほしい。そして、そこに現れるであろう理想の政府の理想の行政とは、いったい誰に担われれば実現できるというのだろう?

まして言いたい「時と場合を考えろ!」とね。

話は変わって、災害現場への食料等の搬送のこと。

一番乗りがなぜボランティアなのだろう?

県庁は、なぜ出てこないのか?

見えないだけに不安も膨らむ。

私が知事なら、被災した市町村にそれぞれ数人ずつ職員を配置して、状況把握、物資の手配、輸送手段の確保、現地行政の拠点整備、専門職員の配置など、生存者のケアをさせるだろう。やっているかもしれないが見えてこない。

わが市でも、どう見たって長期間にわたり寝具、食料が不足するのは目に見えているのだから、募集を始めてもいいと思う。

炊き出しの手伝いくらいならできるから、避難所運営に出掛けてもいいと思っている。

押しかけて迷惑になりたくは無いが、足りないのにそれを埋められない愚を犯しているのは誰なのか現場で確かめたい気分になる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年6月 »