« 2011年9月 | トップページ | 2015年2月 »

2011年10月 1日 (土)

今年の釣り納め 裾花川

 2011年の最終は、マイ・カーティスクリークの裾花川でしめです。

 9月29日は晴れて、幾分暑さも戻って釣り日和。早朝から旧奥裾花自然園料金所下のポイントへ。

Imgp9043

 6時半から釣り始めましたが、ドライへの反応はまったくなく、ライズも無かったので、MSCに変えて3投目くらいにインジケーターが止まり23cmのイワナをキャッチ。

 ヒレがいい状態に回復しています。来年の再会に期待を寄せてリリースしました。

 そこから、ひとつポイントを上がったところで2匹目が同じ針にかかりました。

Imgp9048

 こちらもキレイに回復したオスっぽい顔つきの22㎝。

 いつかまた遊んでもらいたいものです。こいつもリリースです。

Imgp9044

 さて、2匹目をリリースしてからというもの、この最初のポイント、去年いい釣りで締めくくった2つ目の場所ともに音沙汰なく、昔、よく尺上を釣った、最近ご無沙汰のポイントに入ってみました。

 とはいえ、タックルは#2のロッドに2番のライン、6Xのリーダーですから、巨大な魚には明らかに対応していません。ちょっと冷やかすつもりで釣り始めました。

 ここも入渓ポイントの下流で放流や少し前まで釣り大会などが行われていたことがあり、釣り人の多いポイント。上の道路から減水している河床の様子を偏光グラスで確認しながら歩いて入渓ポイントまで行きましたが、魚影は確認できませんでした。

 中間に淵があり、以前34㎝のイワナを釣ったことがあるので、ニンフにMSC#20のドロッパーを付けて流れ込みから潜る流れに乗せて深く沈めて20秒ほどでラインにテンションがかかり、軽く引くと根掛かりのような重い感じが伝わってきます。沈んだ木の枝かなにかだろうとゆっくり上げていくと、30㎝ほど上げたところでなんと、急に深場へものすごい勢いで潜ります。

 これはデカい!

 明らかにタックルの不足を意識しながら慎重にゆっくりと、緩めのテンションを均一にかけながら5分ほど格闘したところで、急に潜られてあえなくバラしました。魚影さえ見ることなく逃した獲物は大きく、ショックに打ちひしがれて「クソッ!」と叫んでしまいました。

 その後、上流へ釣り上がり、釣果もなく2時間ほどで、また元の淵へ戻ってきました。

 同じように流れを利用して深いところへフライを送り込んでみましたが10分以上無反応。やっぱり無理か、と諦めかけたところで、なんと同じようなアタリが!

 今度もぐんぐんと潜り魚影が見えてきません。仕方なく淵の下流へ誘導し、淵ぎわでテンションをかけ続けること数分、ようやくきらめく大きな魚体が深いところで確認できました。ここでも魚種は不明。

 しかし10分ほどの戦いでさすがに疲れたのか、やっと浮かんできたのはなんとニジマスでした。水の中にいるときからそのヒレの回復が分かるキレイなプロポーションです。

Imgp9053

 どんどんと潜るのでイワナかと思ったのですが、お腹パンパンのレインボー。こいつはキープすることに決め、急所をナイフで決め、腹をさいたところ、バッタやカメムシなど昆虫類がどっさり入っていました。来年の参考になりました。

Imgp9057

 残念ながら卵を抱いたメスでした。リリースすればよかったと、ちょっと後悔。

 気を取り直して秘密の支流へ。

 ここでも2匹のイワナをキャッチしました。

Imgp9060

 本日一番のチビが、第1投の3秒後に来ました。

 その後すぐに2投目で、今度は27㎝の今日最大のイワナが来ました。これは場を荒らさないために、強引に下流へ寄せて取り込みました。35㎝のあとは27㎝でも軽い感じ。

Imgp9065

 回復したのか天然なのかわかりませんが、見てくださいキレイなヒレ!

 もちろんリリースです。

Imgp9067  

Imgp9078

Imgp9080 Imgp9070

 釣ったのはこんなニンフでした。そして釣り場の様子。

Imgp9073

 こんな小さな釣り場でも、秋のこの時期には大物が潜んでいるのですね。

 久々にいい釣りをした、良い一日でした。

 夜はムニエルでニジマスをおいしくいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2015年2月 »